将棋と言えば思い出されるのは昨年に起きた、対局中にスマホを見てロボットのaiで対戦していたのではないかという疑惑の報道ですね。

結局のところ大した証拠もなく騒動は落ち着いたようですが、疑いをかけられたプロの人は可哀そうですね。

将棋はアプリなどもありますが、通勤通学といった暇つぶしには絶好です。当然私自身も将棋をしたことはありますが、特に何も考えずにやっているのでアプリなどで将棋をすると弱いレベルのコンピューターにも勝つことができません。

一時はしっかりと戦術を覚えようと思って将棋の初心者用の書籍を購入したこともあるのですが、最近はそれぐらいの情報はインターネットで検索をすれば簡単に読むことができますよね。

将棋アプリで有名なものは将王でしょう。すでに累計600万ダウンロードを突破していますし、日本将棋連盟公園に認定されている将棋アプリで、画面なども非常に本格的な将棋アプリとなっています。

コンピュータのレベルは5段階で設定することができたり、プロの投了図から最後まで勝ちきるゲームもプレイすることができます。

ただ、コンピュータのレベルは初心者にはちょうどいいようですが、本格的な将棋をする人にとってはちょっと物足りないというレビューがありますね。こちら